自己破産に必要な条件まとめ~どんな人が自己破産出来るの?~

自己破産に必要な条件まとめ~どんな人が自己破産出来るの?~

自己破産に必要な条件まとめ~どんな人が自己破産出来るの?~

借金問題の解決方法としては最終手段として行われるのが自己破産ですが、誰でもできるものではなく条件を満たしている必要があります。いくつかの条件がありますが、基本となるのは返済ができない状態となっている点にあります。債務者が返済できるだけの収入や財産を持っていないと裁判所に認められる必要があります。返済不能となっていなければ破産手続はできませんので、返済できるだけの収入や財産がある場合には自己破産はできないことになります。他には免責不可事由に該当しないことが挙げられますが、借金を作ってしまった理由や破産手続に関わる際の態度が反社会的なものでないことも条件として挙げられます。簡単にいえば浪費やギャンブルで作った借金の場合や、はじめから返すつもりがない詐欺的な行為に当たる場合には免責不可となってしまいます。自己破産の条件には、過去7年間の間に自己破産や民事再生により免責を受けていないことも条件となります。誰もが破産できるわけではありませんので、条件に該当しなければ別の手段を考える必要があります。保証人がいる自己破産では、破産により借金の返済義務が保証人に移ることになります。多大な迷惑をかけることになりますので、到底返済できないような多額の借金の場合には保証人と同時に破産手続を進める必要があります。自己破産は借金が全てなくなるメリットがありますが、条件を満たす必要がありますので誰でも利用できるものではないのです。