自己破産2回目について|1回目の自己破産と違う点・注意点とは?

自己破産2回目について|1回目の自己破産と違う点・注意点とは?

自己破産2回目について|1回目の自己破産と違う点・注意点とは?

自己破産は実は二回三回と何度でもすることができます。
しかし条件があるのです。
前の自己破産から最低でも七年経過していることが必須になります。
大体一般的には一度破産した人は最低でも10年くらい経過しなければ借金ができませんので前の破産から7年以内に二回目の破産をすることはないでしょう。
中にはブラックリストを参照しない金融業者もあり、借りることも可能ですが七年経過していない場合には免責不許可事由に該当していない場合でも許可されないのです。
また二回目以降はかなり自己破産の条件が厳しくなると思ってください。
まだ一度目の場合は浪費やギャンブルなどで作った借金でも自己破産できます。しかし二回目以降はそうもいきません。
一度目の自己破産の失敗から何も学んでいないと思われるからです。もしもギャンブルで作った借金で二回目以降も自己破産を許してしまうと味をしめて三度四度と繰り返してしまうからです。
それでは逆にどのような理由なら二回目以降でも認められるのでしょうか。
真面目に生活していたのにも関わらず病気やリストラなどが原因で生活費を借入れした場合です。
このような免責不許可事由に入らないやむを得ない事情でなければいけません。
あと免責不許可になった場合でも一部だけ借金の免責が受けられる場合もあります。全額とは行かなくても少しでも借金が少なくなれば楽になるのであきらめずに法律家に相談してみましょう。
どのような事情を持った人でも力になってくれます。